特別支給の退職共済年金

65歳からの退職共済年金

、退職共済年金の計算方法などを解説。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP厚生年金・共済年金の仕組>特別支給の退職共済年金と・65歳からの退職共済年金

退職共済年金はの支給額が決まる仕組みは、厚生年金とほぼ同様のシステムです。




特別支給の退職共済年金と・65歳からの退職共済年金


退職共済年金は60歳から支給されていたので、厚生年金と同じく特例として昭和36年4月1日までに生まれた組合員は移行措置で、「特別支給の退職共済年金」をもらうことができます。


昭和24年4月1日以前に生まれた人に支給される年金額は、「定額部分+報酬比例部分+職域加算+加給年金」です。
これは、特別支給の老齢厚生年金に職域加算が足されたことになります。


職域加算は共済年金に20年以上加入した人に受給資格があり、「平均標準報酬月額×生年月日に応じた乗率×加入月数×スライド率」で算出した額が支給されます。


これからは段階的に支給開始年齢が引き上げられて、昭和36年4月2日以降に生まれた人は、65歳から支給されます。
また、厚生年金と異なるのは支給開始年齢に男女の差がないことです。
そして、65歳未満の配偶者や18歳未満の子がいるときは加給年齢がもらえます。


◎65歳からの退職共済年金の計算方法とは
計算方法は厚生年金とほぼ同じですが、異なる点は「職域加算」があるところです。
退職共済年金の年金額は「老齢基礎年金+退職共済年金+職域加算+加給年金+経過的加算」です。
定額部分が老齢基礎年金よりも多いので、年金額が減らないように厚生年金と同じく、定額部分と老齢年金の差額が「経過的加算」として支給されます。




●特別支給の退職共済年金のしくみ
定額部分  生年月日の単価(1,676円×生年月日に応じた乗率)
×
共済年金加入月数(声援月日による上限がある)
×
物価スライド率 
報酬比例部分   平均標準報酬月額×生年月日の上率×共済年金加入月数×物価スライド率
(平成15年3月以前の期間分の年金額+同年4月以降の期間分の年金額)×物価スライド率
職域加算  平均標準月額×生年月日に応じた上率×加入月数×スライド率 
加給年金  加給年金額+配偶者特別加算


●65歳からの退職共済年金のしくみ
・老齢基礎年金+退職共済年金+職域加算+加給年金+経過的加算


問い合わせ・参照先
特別支給の退職共済年金の支給要件
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します