障害厚生年金 支給額

障害共済年金とは

、障害厚生年金・障害共済年金の受給額、加給年金について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP障害年金の仕組み>障害厚生年金・障害共済年金の受給額

障害厚生年金・障害共済年金は障害基礎年金に加算される仕組みになっています。
又、障害年金の受給権を取得したとき、65歳未満の配偶者があれば、加給年金というものが加算されます。




障害厚生年金・障害共済年金の受給額


障害厚生年金と障害共済年金の受給額は、老齢厚生年金と退職共済年金の報酬比例部分の年金額に沿って決定されます。
遺族厚生年金と同じで、被保険者期間が25年(300ヶ月)に満たないときは、最低保障として300ヶ月とみなして計算されます。


1級障害の場合は、報酬比例部分の年金額×1,25+配偶者の加給年金額となります。
2級障害には、報酬比例部分の年金額+配偶者の加給年金額が支給されます。
3級の場合は報酬比例部分の年金額が支給されますが、配偶者の加給年金はありません。
そのかわり、59万4200円の最低保障があります。




◎配偶者の加給年金について
配偶者の加給年金とは、障害年金の受給権を取得したとき、65歳未満の配偶者がいれば、加給年金が加算されるという制度のことです。
加算には配偶者の恒常的な年収が850万未満であることと、配偶者が老齢厚生年金、障害厚生年金、障害基礎年金、共済組合から退職共済年金や障害年金をもらってないこと、などといった幾つかの条件をクリアしなければなりません。


厚生年金の障害手当金と共済年金の障害一時金は、「報酬比例部分の年金額×2(最低保障額116万8000円)」で算出された額が支給されます。




●障害厚生年金・障害共済年金の受給額計算式
・障害厚生年金
 1級  障害基礎年金+(報酬比例の年金額×1,25)+配偶者加給年金
 2級  障害基礎年金+報酬比例の年金額+配偶者加給年金
 3級  報酬比例の年金額(最低補償59万4,200円)
 手当金  報酬比例の年金額×2(最低保障116万8,000円)


・障害共済年金
 1級  障害基礎年金+(報酬比例の年金額×1,25)+(職域年金相当額×1,25+)配偶者加給年金
 2級  障害基礎年金+報酬比例の年金額+職域年金相当額+配偶者加給年金
 3級  報酬比例の年金額+配偶者加給年金
 手当金  (報酬比例の年金額×2)+(職域年金相当額×2)


問い合わせ・参照先
障害厚生年金の受給額
共済のしおり・長期給付・障害共済年金
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します