障害者基礎年金

障害基礎年金 精神

、障害基礎年金 申請、計算方法について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP障害年金の仕組み>障害基礎年金の受給額について

障害基礎年金の受給額は、老齢基礎年金の額を基準に受給額が決まります。




障害基礎年金の受給額について


◎受給額は
障害基礎年金は加入期間に関係なく、障害の等級により支給額が決定します。
2級障害の人には老齢基礎年金の満額が支給され、1級障害の人には老齢基礎年金の満額を1,25倍にして、100円未満は四捨五入した額が支給されます。
障害基礎年金の障害等級に該当している間は受給でき、収入があっても受け取ることができます。そして、子供がいる場合は子の加算があります。




◎子供の加算について
障害等級1,2級の人に子供がいた場合、第1子、第2子には年額で22万7900円が障害基礎年金に加算されて支給されます。
第3子以降は7万5900円づつ加算されていきます。
この場合の「子」とは、18歳到達年度の3月31日を経過していない、または20歳未満で障害等級1級・2級の障害者に該当しなければなりません。


20歳前に障害を持った人に対しては、本人が保険料を納付していませんから、所得制限があります。
所得が398万4000円(2人世帯)を越えるばあいはには年金額の2分の1相当額を支給停止され、500万1000円を超える場合には全額停止になります。
そして、障害基礎年金の受給者は届出をすれば、国民年金の保険料は免除されます。




●障害基礎年金受給額の一例(平成19年度・年額)
・1級 老齢基礎年金の満額
    79万2,100円×1,25+子の加算
・2級 老齢基礎年金の満額
    79万2,100円+子の加算
・子の加算
  第1子・第2子  それぞれ22万7,900円
  第3子以降    1人につき7万5,900円
※子とは、18歳到達年度の末日(3がつ31日)を経過していない子・20歳未満で障害等級1級または2級の障害者
・20歳前傷病による障害基礎年金にかける所得制限


問い合わせ・参照先
障害基礎年金
障害年金サポートセンター
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します