繰上げ受給

年金 繰り下げ受給

を解説。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP国民年金の仕組み>老齢基礎年金がもらえる年齢は?

老練基礎年金は何歳からもらえるかご存知ですか?
原則として65歳からもらえるのですが、本人が希望すると60歳から64歳までの間でもらえることができるのです。ただし、受給率が違ってくるので注意が必要です。
又、遅らせてもらうこともできますので、それも併せてご覧下さい。
そして、どちらが得か自身で検討することをお勧めいたします。





老齢基礎年金がもらえる年齢は?


老齢基礎年金は、65歳から終身で支給されるのが原則です。
そのため25年以上国民年金の保険料を納めてきた人は、手続きをすれば65歳から年金をもらえます。


しかしこれはあくまで原則であって、本人が希望した場合60歳〜64歳までの間で早めに受給したり、66歳〜70歳までの間で遅く受給することも可能です。


受給開始を早めることを「繰上げ受給」といい、遅くすることを「繰下げ受給」といいます。
繰り上受給した場合もらえる年金額は、65歳で受け取る金額に比べると減額され、その反対に繰り下げしたときは増額されます。
そして、どちらの場合もその金額が一生続くことになりますので注意が必要です。




◎繰上げ受給と繰下げ受給の受給率
原則として65歳の受給額を100とすると、繰上げまたは繰り下げ受給は、昭和16年(1941)4月1日以前に生まれた人と4月2日以後に生まれた人とでは、受給率が違います。


また、4月2日以降の人は月単位で繰り上げや繰り下げ受給ができます。
繰上げの場合は請求月を1ヶ月早くすると0,5%減額で、5年早い60歳から受け取ろうとすると0,5×60ヶ月=30%の減額です。
繰下げの場合は請求月を1ヶ月遅らせるごとに0,7%増額で、5年遅らせ70歳から受け取ると0,7%×60ヶ月=42%の増額となります。


受給率と原則受給の方が得をする年齢(受給額の累計が65歳受給のほうが多くなる)は下記の表になります。
●年齢別受給率




年齢 S16年4月1日以前生まれ  原則が得
する年齢
S16年4月2日以降生まれ   原則が得
する年齢 
60歳  58%  71,9歳  70%  76.6歳 
61歳 65%   72,4歳  76%   77,6歳 
62歳  72% 72,7歳  82%   78,6歳 
63歳  80%  73,0歳  88%   79.6歳 
64歳  89%  73,1歳  94%   80,6歳 
・原則として65歳受給を100%としています。



年齢 S16年4月1日以前生まれ  原則が得
する年齢
S16年4月2日以降生まれ   原則が得
する年齢 
66歳  112%  74,3歳  108,4%  77,9歳 
67歳 126%   74,7歳  116,8%   78,9歳 
68歳  143% 75,0歳  125,2%   79,9歳 
69歳  164%  75,3歳  133,6%   80,9歳 
70歳  188%  75,6歳  142%   81,9歳 


問い合わせ・参照先
老齢年金
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します