老齢基礎年金 受給資格

保険料納付済期間

など、年金をもらうためにはいくつかの条件を満たすことが必要です。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP国民年金の仕組み>老齢基礎年金の受給資格は?

年金をもらうためにはいくつかの条件を満たすことが必要です。
この条件のことを「受給資格要件」といいます。




老齢基礎年金の受給資格は?


◎加入期間
国民年金は強制加入が義務付けられていますが、65歳から老齢基礎年金をもらうためには、25年の加入期間が必要です。
これには国民年金保険料を納めた期間、「保険料納付済期間」の他に、保険料の免除制度の適用を受けた期間、「保険料免除期間」を合わせた期間が25年必要です。


また、以前は各年金が別々に運営されていましたが、昭和60年に全て共通の基礎年金となったので、昭和36年から60年までの厚生年金や共済年金などほかの公的年金への加入期間もプラスされます。
これらの合算期間が25年に満たない場合には、「合算対象期間(通称「カラ期間」)」を加えることが可能です。


ちなみに、65歳になったからといって、ほっておいても老齢基礎年金が支給されるわけではありませんよ。
保険料は勝手に給料から天引きされていましたが、もらうときは自分で手続しなければもらえないのです。


関連記事
合算対象期間(カラ期間)とは?
老齢年金をもらうときの手続きについて
必要書類の注意点について
裁定請求書を記入するときの注意点
年金が裁定されたときはどうする


◎保険料納付済期間
保険料納付済期間として認められるのか下記のような場合です。
第1号被保険者として保険料を納付した期間。
国民年金に任意加入して保険料を納付した期間。
第2号被保険者期間のうち20歳以上60歳未満の期間。
第3号被保険者期間。
昭和36年(1961年)4月1日から、昭和61年(1986年)3月31日までの厚生年金の被保険者期間または、共済組合の組合員期間のうち20歳以上60歳未満の期間。



●国民年金の受給資格要件・まとめ
65歳に達していること(繰上受給の場合は60歳以上)
加入資格期間が25年以上であること。
@保険料納付期間
A保険料免除期間
B合算対象期間(カラ期間)
 @+A+B=25年以上




問い合わせ・参照先
現行の年金制度の仕組み
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します