任意加入とは

国民年金の任意加入

、高齢任意加入、高齢任意加入被保険者、特例任意加入を解説。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP国民年金の仕組み>60歳を過ぎても加入できるケースは?

国民年金の任意加入をご存知ですか?
これは、簡単にいうと受給資格期間を満たすためのものです。
ただし、だれでも加入できるというものではなく、それなりの要件をみたさなければなりません。




60歳を過ぎても加入できるケースは?


第1〜第3被保険者に該当しないでも、国民年金に任意加入できる制度があります。
ただ、下記の条件に該当しなければなりませんし、住所のある地域の市区役所、町村役場の役場に申し込み手続きをしなければなりません。


◎任意加入できる人
20歳以上60歳未満の国内に住所がある人で、老齢を支給事由とする年金受給権がある人
60歳以上65歳未満で国内に住所がある人
20歳以上65歳未満に日本国籍があり、国内に住所がない人




◎受給資格期間を満たすための任意加入
保険料納付済期間、免除期間、カラ期間、これらを足しても25年の受給資格期間に満たないと、老齢基礎年金をもらうことはできません。
そして、受給資格期間は満たしているのだが、40年間納付の満額に近づけたい。
このような人たちのために、下記の任意加入制度があります。


「高齢任意加入」
60歳から65歳未満の人が対象で、受給資格期間が足りない人や、受給資格期間は満たしていても、年金額をさらに増やしたいという人が加入できる制度です。


「特例任意加入」
65歳以上70歳未満で国内に住所がある人、あるいは日本国籍があり、国内に住所がない人が対象で、受給資格期間が足りない人だけ加入できますが、年金をもらえる資格ができると任意加入被保険者の資格は喪失する制度です。




●任意加入できない人とは!!
・厚生年金加入者
・共済年金加入者
・第2号被保険者
・老齢基礎年金を繰り上げ受給した人 


問い合わせ・参照先
国民年金の保険料
高齢任意加入
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■スポンサードリンク

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します