年金の法律

年金 法律 種類

、国民年金、厚生年金、共済年金の法律の種類を紹介しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP年金の基礎知識>年金に関する法律

年金にかかわる法律といっても、各種年金の種類によって細かく規定されています。
仕方ないことなのかもしれませんが、これが年金制度を複雑にしているのだと思います。
さらに、定期的に内容を「小改正」「中改正」「大改正」と随時変更されるのです。
そのため、自分に受給権が発生した時点の法律が適用されますので、今現在の法律で将来の受給額や支給時期等を計るのは難しいでしょう。




年金に関する法律


年金にかかわる法律は、以下のようにそれぞれの年金の種類により、保険料や受給内容などが決められています。
内容は、定期的または必要に応じて随時、改正が行われますので、受給権が発生したときはその時点の法律にのっとって計算していきましょう。


◎国民年金
国民年金は「国民年金法」で定められていて、細かい規定は「国民年金法施行令」「国民年金法施行規則」により決められています。


◎厚生年金
厚生年金は「厚生年金保険法」で定められ、細かい規定は「厚生年金保険法施行令」「厚生年金保険法施行規則」により定められています。


◎共済年金
共済年金は共済組合ごとに法律があります。
国家公務員は、「国家公務員共済組合法」「国家公務員共済組合法施行令」「国家公務員共済組合法施行規則」により定められています。
地方公務員は、「地方公務員等共済組合法」「地方公務員等共済組合法施行令」「地方公務員等共済組合法施行規則」により定められています。
私立学校職員は、「私立学校教職員共済法」により定められています。




●まとめ
今後の大きな改正としては、老齢(退職)年金の見直しが毎年行われることが決定していますので、保険料の値上がりや給付金額の減額はさけて通れないでしょう。
国民年金  国民年金法
国民年金法施行令
国民年金法施行規則 
厚生年金  厚生年金法
厚生年金法施行令
厚生年金法施行規則  
共済年金  ・国家公務員
国家公務員共済組合法
国家公務員共済組合法施行令
国家公務員共済組合法施行規則
・地方公務員
地方公務員等共済組合法
地方公務員等共済組合法施行令
地方公務員等共済組合法施行規則
・私立学校教職員
私立学校教職員共済法



問い合わせ・参照先
国民年金法
厚生年金保険法
国家公務員共済組合法
私立学校教職員共済法
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します