厚生老齢年金

特別支給の退職共済年金

、退職共済年金 試算などを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP厚生年金・共済年金の仕組>何年加入すればもらえるのか?





何年加入すればもらえるのか?


◎保険料の納付期間は
年金を受給するためには、国民年金の保険料に納付した期間と保険料を免除された期間、合算対象期間を足して25年以上必要です。
この期間は「年金受給資格要件」とされています。
老齢厚生年金や退職共済年金を受給する場合もこの加入期間が必要になります。


ただし、厚生年金と共済年金には下記のような加入期間の特例があります。
厚生年金や共済組合等の加入者
厚生年金の中高齢者(男子40歳・女子と船員等は35歳以降の厚生年金の加入期間)


また、加入年数は特定の会社や共済組合での加入年数ではなく、加入していた期間の合計で算出されます。




◎特別支給の老齢厚生年金と退職共済年金
60歳から64歳の期間は厚生年金では「特別支給の老齢年金」、共済年金では「特別支給の退職共済年金」が支給されます。
年金額は厚生年金の場合、「定額部分+報酬比例部分+加給年金」で、共済年金はこの算式に「職域加算」が加わります。


これは、老齢基礎年金の受給資格要件を満たして、さらに厚生年金と共済組合等加入期間が1年以上あることが必要です。
ただし、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられて、予定では2025年以降に支給されなくなります。
そして65歳になると、老齢基礎年金と老齢厚生年金、または退職共済年金の支給が開始されます。


●厚生・共済年金の特例と支給開始年齢
・厚生・共済年金の加入期間の特例
生年月日   加入年数
 厚生・共済年金 厚生年金中高年齢者
昭和22年4月1日以前  20年 15年 
昭和22年4月2日〜23年4月1日   20年  16年  
昭和23年4月2日〜24年4月1日    20年  17年  
昭和24年4月2日〜25年4月1日    20年  18年  
昭和25年4月2日〜26年4月1日    20年  19年  
昭和26年4月2日〜27年4月1日    20年  20年  
昭和27年4月2日〜28年4月1日    21年  21年 
昭和28年4月2日〜29年4月1日    22年  22年
昭和29年4月2日〜30年4月1日    23年  23年 
昭和30年4月2日〜31年4月1日    24年  24年 
昭和31年4月2日以降    25年  25年 
・特別支給の老齢厚生年金・退職共済年金支給開始年齢(男子)
※厚生年金に加入する女子は男子の生年月日の−5年
生年月日   支給開始年齢
定額部分 報酬比例部分
昭和16年4月1日まで  60歳 60歳
昭和16年4月2日〜18年4月1日   61歳 60歳
昭和18年4月2日〜20年4月1日    62歳 60歳
昭和20年4月2日〜22年4月1日    63歳 60歳
昭和22年4月2日〜24年4月1日    64歳 60歳
昭和24年4月2日〜28年4月1日    60歳
昭和28年4月2日〜30年4月1日    61歳
昭和30年4月2日〜32年4月1日    62歳
昭和32年4月2日〜34年4月1日    63歳
昭和34年4月2日〜36年4月1日    64歳


問い合わせ・参照先
老齢の年金を受けている方の届出・年金額について
特別支給の退職共済年金の支給要件
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します