定年 雇用保険

相談 雇用保険

、雇用保険をもらったときは年金がもらえるのか?

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP厚生年金・共済年金の仕組>雇用保険をもらったときの年金について

雇用保険とは、労働者が失業したときなどに、規定の給付を行ない、雇用の安定を図るための保険制度です。
失業保険制度は廃止され、それにかわるものとして創設されました。




雇用保険をもらったときの年金について


◎高年齢雇用継続給付と年金の関係
「高年齢雇用継続給付」とは、雇用保険の加入期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の人を対象にしている制度です。
この制度は、60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金と比較して75%未満に下がるとき、「高年齢雇用継続基本給付金」をもらうことができるというものです。
ただし、高年齢雇用継続基本給付を受けると、在職老齢年金が減額されることになります。


◎高年齢雇用継続給付の手続き
支給資格に該当してから4ヶ月以内に住所がある地域のハローワークに行き申請します。
必要書類は高年齢雇用継続給付支給申請書と、60歳になったときの賃金証明書です。


◎雇用保険をもらったとき年金はもらえるのか!?
雇用保険の被保険者であった人は、失業するとハローワークで認定を受け「求職の申し込み」
をすれば雇用保険の基本手当てを受給できます。


手当ての額は離職前6ヶ月の賃金の平均額(賃金日額)を基準に、1日当たりの額が決まります。
もし20年以上勤務して退職した場合は、基本手当てが最高150日分支給されます。
受給できる期間は退職日の翌日から原則として1年です。


このとき注意しなければならないのは、雇用保険の基本手当(失業給付)を受給すると、特別支給の老齢厚生年金はもらえなくなりますので、どちらが有利なのか注意して選ぶことが必要です。



●高年齢雇用継続給付
・現在支給されている賃金により給付額が決まる。(各月の賃金×15%)
賃金が60歳到達時の賃金の61%未満の場合  高年齢雇用継続給付が出る  
賃金が60歳到達時の賃金の75%以上の場合  高年齢雇用継続給付は出ない
賃金が60歳到達時の賃金の61%以上75%未満の場合   高年齢雇用継続給付が一部カット
のうえ出る 


※上記計算による支給額が1,656円を超えないときは支給されません。
※賃金と給付の合計月額が33万9,235円を超えたときは、33万9,235円から賃金の額を減じた額が支給される。


問い合わせ・参照先
雇用保険制度
雇用保険制度の概要
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します