個人年金 一時払い

個人年金 種類

、郵便局 個人年金個人年金 確定申告、などについて。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOPその他年金の仕組み>各種の個人年金

財形年金も個人年金の一つですが、あれは制度を導入している事業所で加入します。
ここでは、個人で金融機関などと個別に契約する個人年金について見てみましょう。




各種の個人年金


◎私的年金
個人年金は個人が生命保険会社や銀行、郵便局などと契約して、掛け金を積み立て、積立金や利子、運用益を年金として受け取るものです。


個人年金の種類としては、「保険型」「貯蓄型」があります。
保険型は生命保険会社や損保会社、郵便局、全労災、JAが販売していて、生存保険の保険金を年金として、希望年齢から死亡するまで受け取るもので、「個人年金保険」「郵便保険」といったものがあります。


「貯蓄型」は銀行や信託銀行、証券会社が販売していて、金融機関が定期預金を年金化して、希望する年齢から一定期間受け取ります。
貯蓄型には、「元本温存型」「年金取り崩し型」があり、商品は「個人年金信託」「年金型預金」など多くの種類があります。


◎受け取り期間による種類
「終身型」
生存期間中に受け取ることができます。
「保障期間付終身年金」
一定期間を保障期間として期間中に死亡しても遺族に支払いが続けられる年金。
「有期年金」
被保険者が生存している一定期間支給する年金。


◎受け取り方法による種類
「定額型」
受け取り期間中の受取額が一定。
「逓増型」
高齢になるほど年金額が増える。


掛け金の積み立て方法には「積み立て型」と「一括して払う「一時払い型」があります。




●個人年金の種類
・保険型
種類 保障内容  金融機関
終身年金   一生涯年金を受け取る   生命保険会社・郵便局・JA・全労災 
保証期間付終身年金  一定期間の年金の支払を保証し、被保険者が死亡しても遺族に支払われる  生命保険会社・郵便局・JA・全労災  
確定年金  加入者の生死にかかわらず一定期間支給される   生命保険会社・損害保険会社・全労災 
有期年金  加入者が生存していることを条件に一定期間年金を受け取る 生命保険会社・郵便局・JA・全労災  


・貯蓄型
種類 保障内容  金融機関
元本温存型 預けたお金の利息や配当金を年金に当てる。元本に手をつけないで一生涯年金を受け取れる 銀行・信託銀行・証券会社
年金取り崩し型 預けたお金を運用しながら元本と利息、配当金を一定期間に分割して受け取る 銀行・信託銀行・証券会社・JA




問い合わせ・参照先
生命保険会社・損保会社、郵便局、全労災、JA・等
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■スポンサードリンク

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します