確定給付企業年金制度

確定給付型企業年金

、確定給付企業年金 規約型、確定給付企業年金基金について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOPその他年金の仕組み>確定給付企業年金とは?

確定給付企業年金は、数ある企業年金のうち最も普及しているといわれるものです。
確定給付企業年金、企業が独自に設定できるもので、確定給付企業年金法にもとづいて運営が行われます。




確定給付企業年金とは?


確定給付企業年金とは、厚生年金に加えて平成14年に創立された年金制度です。
これは、厚生年金基金や適格退職年金とは管轄が異なり、適用される法律も違うことから、統一的な枠組みを作るために設立された制度です。
今は、適格退職年金が廃止されていますので、移行する際の手続の簡素化が図られています。


確定給付企業年金は、老後の備えに対する自助努力を支援するための制度で、受給権の保護を目的としています。
先に年金額が決定されていて、企業や組合が実施することで、資産運用のリスクも企業や組合が負うことになります。




◎規約型と基金型
確定給付企業年金には「規約型」「基金型」があります。
規約型のほうは、労使が合意した年金規約にもつづいて、企業と生命保険会社や信託銀行などの受託銀行が契約して、受託会社が管理、運用、給付を行います。
基金型は企業とは別の法人格の基金を設立して、その基金が年金資金の管理。運営、給付を行います。


掛け金は、原則として企業拠出ですが、規約で定めれば従業員も拠出することができます。
そして、加入者も厚生年金の被保険者以外に、規約によって加入資格を決めることができます。


給付は老齢給付が基本ですが、規約で定めてあれば従業員も拠出することができます。
また、加入期間が3年以上の従業員には給付をすることや、積み立て水準が一定レベルかどうか検証して足りない場合には回復させる義務が決められています。



・関連記事
適格退職年金の廃止について




問い合わせ・参照先
確定給付企業年金法の概要
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します