確定年金拠出

確定拠出企業年金

、確定拠出年金の運用、給付、掛金について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOPその他年金の仕組み>確定拠出年金とは?





確定拠出年金とは?


確定拠出年金とは、将来の年金給付額が、掛け金と運用益によって後で決まる年金で、「確定拠出型」といいます。
これは、米国の「401kプラン」をモデルにして導入された制度です。
掛け金は生命保険会社等の資産管理機関が拠出します。


確定拠出年金の特徴は以下の通りです。
年金資産を社員等が自分で運用している。
運用した結果によって年金額が決まる。
年金資産が個人別に区分され、残高を把握することや転職の時の資産の移行が簡単。
企業の規模を問わず実施することが可能。




◎個人型と企業型がある
確定拠出型年金には、国民保険料を納付している人と、他の企業年金や企業型確定拠出年金に加入していない企業の従業員が加入できます。


掛け金は個人が拠出する「個人型年金」と、企業が導入して従業員を加入させ、掛け金は企業が拠出する「企業型確定拠出年金」とがあります。


ただし、公務員と国民年金の第3号被保険者、他の企業年金の加入者で勤務先が企業型確定
拠出年金を導入しなかった企業の従業員は加入することはできません。
受けられる給付には、「老齢給付」「障害一時金」「脱退一時金」「死亡時に遺族が受け取る脱退一時金」があります。



●確定拠出型年金加入対象者と拠出限度額
※個人型年金も企業型確定拠出年金も、60歳未満の方が加入対象。
自営業者等
(第1号被保険者) 
個人型年金
国民年金基金等への払込掛金
と合わせて月額6,8000円 
サラリーマン等
(第2号被保険者)
 →勤務先に
企業年金がない。
→勤務先に企業型確定拠出型年金がない。 個人型年金
月額1,8000円  
→勤務先に企業型確定拠出型年金がある。  企業型確定拠出年金
月額46,000円
→ 勤務先に
企業年金がある。
→勤務先に企業型確定拠出型年金がある。  企業型確定拠出年金
月額26,000円
→勤務先に企業型確定拠出型年金がない。  確定拠出年金
加入対象外
公務員
(第2号被保険者)
  確定拠出年金
加入対象外 
専業主婦等  
(第3号被保険者)
  確定拠出年金
加入対象外 




問い合わせ・参照先
確定拠出年金制度
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します