遺族年金 支給停止

遺族年金 失権

、の要件について解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP遺族年金の仕組み>遺族年金の失権と支給停止について

遺族年金がもらえなくなったり支給停止になるときがあります。
それは、失権と支給停止というものですが、これについてこのページで解説していますのでご覧下さい。






遺族年金の失権と支給停止について


◎失権と支給停止について
年金がもらえなくなる場合には、「失権」と「支給停止」の2種類があります。
失権とは、受給権利を失うことで、支給停止は何らかの理由により支給が止まっている状態をいい、権利を失うわけではありません。
そのため、停止理由がなくなればまた受給することができます。


◎失権の理由
遺族年金の失権の理由には、時給権がある妻や子供が死亡したとき、結婚したとき、直系血族や直系姻族以外の養子になったとき、などがあります。


子供の失権理由は下記です。
18歳に達した日の年度末に達したとき。
20歳未満の1,2級の障害者である子供が20歳になったときか、障害が2級に該当しなくなったとき。
離縁により死亡者の子供でなくなったとき。


妻の失権理由には、子供の加算対象になっている全ての子がその対象に該当しなくなった場合があります。



◎支給停止について
遺族基礎年金、遺族厚生年金ともに、受給順位は妻と子供が同順位ですが、妻の受給権が最先されますから妻が受給しているときは、子供は支給停止になります。
また、労働基準法による「遺族補償」が受けられるときは、死亡の日から6年間は支給停止になります。


遺族厚生年金は、他にも、夫・父母・祖父母に遺族厚生年金の受給権がある場合、60歳になるまでの該当者分の遺族厚生年金の額が支給停止になる、などの規定がありますから注意が必要です。


●遺族基礎年金の支給停止
@妻が受給中の場合、子供は支給になる。
A父又は母と生計を同じくしているとき、子は支給停止になる。
B受給権者が1年以上行方不明の場合、受給権者である他の子供の申請により、該当受給権者(妻か子)の支給停止。
C労働基準法による遺族給付が行なわれた場合、死亡の日から6年間支給停止になる。


●遺族厚生年金の支給停止
@遺族基礎年金の@AB。
A短期の遺族厚生年金の受給権者が同一人の死亡で共済組合から遺族共済年金を受けるとき、その間は全額支給停止になる。
B中高齢の加算がされたとき遺族厚生年金を同一の死亡で共済組合から遺族共済年金を受けるとき、その間は全額支給停止になる。
C夫、父母または祖父母に遺族厚生年金の受給権があるときで60歳未満のとき、60歳に達するまでの該当者分は支給停止になる。
D妻と子に遺族厚生年金の受給権があり、子に遺族基礎年金の受給権があるとき、子の遺族基礎年金の支給を受けている間は全額支給停止。
E子と夫に遺族厚生年金の受給権があるとき、子に受給権がある間、夫の遺族厚生年金の全額が支給停止。


参照先
社会保険庁:遺族年金
届書の種類(遺族年金失権届)
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します