遺族年金 受給

遺族厚生年金 受給

、遺族基礎年金、遺族厚生年金の受給資格について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP遺族年金の仕組み>遺族年金を受給するには?

遺族年金をもらうためには、幾つかの受給要件があります。
そのいずれかに該当した場合、残された遺族に受給資格が与えられることになります。




遺族年金を受給するには?


遺族年金の受給要件としては下記のようなものになります。
@生計維持の関係がある遺族(妻子等)がいること。
A遺族基礎年金と遺族厚生年金は国民年金の保険料納付済期間(保険料免除期間も含む)が加入期間の3分の2以上あること。
又は、死亡日前1年間に保険料の滞納がないこと。
B生計維持の関係がある遺族がある遺族(受給権者)の年収が将来にわたり850万円未満であること。




◎遺族基礎年金・遺族厚生年金の受給要件とは
遺族基礎年金の受給要件。(以下のいずれかに該当すること)
・国民年金加入中に死亡している。
・国民年金に加入していた60歳以上65歳未満の日本に住所がある人が死亡した。
・老齢基礎年金の受給者が死亡した。
・老齢基礎年金はまだ受給していないけど、受給要件を満たしている人が死亡した。


遺族厚生年金の受給要件。(以下のいずれかに該当すること)
・厚生年金加入者が死亡した。
・厚生年金加入中に初診日がある傷病により、初診日から5年以内に死亡した。
・障害厚生年金の障害等級1級、2級の受給者が死亡した。
・老齢厚生年金の受給者が死亡した。
・老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている人が死亡した。




問い合わせ・参照先
遺族年金
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します