付加年金 手続き

付加保険料

、付加保険料の計算などを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP国民年金の仕組み>年金額を増やすには?(付加年金)

老後の生活を考えたとき、もらえる年金だけで暮らせるかどうか不安になることもあると思います。
そのため、老齢年金の支給額を増やすこともできるです。




年金額を増やすには?(付加年金)


◎付加年金とは
付加年金とは、老齢年金の支給額を簡単に増やし、なおかつ負担が少ない方法です。
この制度は、国民年金の第1号被保険者と任意加入被保険者にのみ該当する制度です。
通常の保険料に上乗せした保険料を納めることで、老齢基礎年金に付加年金を足した額が支給されます。


◎付加保険料の計算
付加保険料は月額400円で、受給額は「200円×付加保険料納付月数」で計算されます。一例としては、付加保険料を10年間(120ヶ月)納付した場合、全部で48000円支払いますが、もらえる付加年金額は65歳から受給したら、1年間に200円×10年(120ヶ月)の24000円で、2年間受給すれば元をとれることになります。


◎付加年金は終身年金
付加年金は老齢基礎年金と合わせて受給できる終身年金です。
保険料の納付は任意で、申し込みは市役所や町村役場でできます。
また、付加年金は定額のため、物価スライドではないので、付加年金額は減額されない代わりに増額もありません。
しかし、老齢基礎年金の繰上げ、繰り下げ受給すると付加年金も増減します。


ただし、国民年金基金に加入中の人や国民年金保険料の免除を受けている人は、付加保険料を納めることはできません。
また、付加保険料は納付期限を過ぎると納付できませんから注意が必要です。




●まとめ
「納付できる人」
・国民年金の第1号被保険者
・任意加入者
「納付できない人」
・国民年金基金に加入している人
・国民年金保険料の免除を受けている人


・付加保険料・・・月400円
・付加年金額・・・200円×納付済月数



※付加年金保険料を10年払った場合は・・・
   400円×120ヶ月=4万8000円となり、もらえる付加年金は(65歳受給)200円×120ヶ   月=2万4000円となり、2年でもとが取れるという計算になります。




問い合わせ・参照先
あなたも年金を増やしませんか?
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します