年金被保険者

被保険者資格

任意加入被保険者、国保 被保険者の仕組みを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP年金の基礎知識>国民年金の被保険者の種類は?





国民年金の被保険者の種類は?


◎被保険者とは
国民年金の被保険者には自営業者や、農業従事者、無業者、厚生年金や共済年金加入者以外にも、厚生年金や共済年金加入者の配偶者も国民年金の強制加入者になっています。
20歳以上の学生もこれに該当しますが、所得が38万以下とか、配偶者がいない、などといった一定の条件があれば猶予されます。
これらの被保険者には、第1・2・3号被保険者の3種類に分類されています。


◎第1号被保険者とは
第1号被保険者に該当するのは、20〜60歳未満の自営業者や農業従事者とその配偶者、学生などです。


◎第2号被保険者とは
第2号被保険者に該当するのは、65歳未満の民間企業等に勤務する厚生年金加入者と、公務員等の共済年金に加入している人です。


◎第3号被保険者とは
第3号被保険者に該当するのは、第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者で、年収が一定基準未満という条件があります。


◎保険料は
保険料の納付方法ですが、第1号被保険者は自分で納めますが、第2号被保険者は給与等から天引きされ、第3号被保険者は納付する必要はありません。


◎任意加入について
厚生年金や共済年金に加入してない人で、60歳以上65歳未満の人は、任意で国民年金に加入することができます。海外に住む日本人も65歳未満なら任意加入できます。


まとめ

第1号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者、農業従事者とそのその配偶者、学生、無職の人など。
第2号被保険者 65歳未満の民間企業に勤務する厚生年金の加入者。
65歳未満の公務員等の共済年金の加入者。
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者。
年収が130万円未満、障害のある人は180万未満。
任意加入者  厚生年金や共済年金に加入していない60歳以上65歳未満の人。
外国で生活している日本人で65歳未満の人。 


問い合わせ・参照先
国民年金の加入
公的年金制度の体系
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します