年金 離婚分割

離婚時の年金分割

、厚生年金・共済年金の報酬比例部分が対象、それと支給について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP離婚時の年金分割制度>離婚分割の対象と支給について

離婚分割の対象になるのは、報酬比例部分です。
報酬比例部分とは、特別支給の老齢厚生年金の一部のことです。
平均標準報酬月額と平均標準報酬額、厚生年金被保険者月数を使って算出します。






離婚分割の対象と支給について


厚生年金の離婚分割の対象になるのは、厚生年金や共済年金の報酬比例部分に限られています(共済年金は職域加算部分を含む)。


分割できるのは平成19年4月1日の施行日以降に成立した離婚が対象ですが、施行前の婚姻期間の厚生年金の保険料納付記録も分割の対象となります。
離婚協議で、按分割合については合意したうえで分割の請求を行いますが、合意できないときは裁判をして按分割合を定めることになります。
按分割合の上限は50%で、下限は分割を受ける側の分割前持ち分になります。




◎老齢厚生年金の受給は
分割を受けた人(主に妻)は、自分の受給資格要件に応じて、分割を受けて増えた保険料納付記録に応じた厚生年金をもらうことができますが、分割を受けても自分が受給できる年にならなければ老齢厚生年金は支給されません。


そして、分割を行った元の配偶者が死亡したとしても、分割された年金には影響しませんので安心できます。


原則として、分割された保険料納付記録は厚生年金の額に反映されるのですが、自分の受給規格要件には算入されません。


要するに、自分の被保険者期間が増えるのではなく、分割された分を含めた保険料納付記録をもとに計算された老齢基礎年金が支給されるということになるのです。
これは分割された側が死亡するまで支給されます。




●厚生年金の離婚分割の対象
・民間企業のサラリーマン・・・厚生年金の報酬比例部分
・公務員・私立学校教職員・・・共済年金の報酬比例部分・共済年金の報酬比例部分


●専業主婦(第3号被保険者)の厚生年金の分割
・夫(第2号被保険者)の厚生年金の保険料納付記録を自動的に2分の1に分割される。
(平成20年4月に施行された)




問い合わせ・参照先
離婚時の厚生年金の分割制度について
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します