事実婚 離婚

離婚分割 手続き

、離婚分割の請求手続き、請求期限について。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP離婚時の年金分割制度>離婚分割の請求手続きについて

何事にも期限というものがあります。
離婚分割の請求も、原則として2年を経過するまでに行わなければなりません。
事実婚の場合は、事実婚が解消されてから2年以内です。
ただし、事実婚に関しては注意点がありますので思ったほど簡単ではありません。





離婚分割の請求手続きについて


離婚分割に合意したり、裁判により按分割合が決まった場合でも、実際に分割改定の請求をしないと、厚生年金の分割は行われませんので注意が必要です。


分割の請求は請求書に必要事項を記入して、請求する人の現住所を管轄する社会保険事務所に提出します。
請求するときの必要書類は以下です。
年金手帳か基礎年金番号通知書。
戸籍謄本か抄本、あるいは住民票。
按分割合を定めた書類(公正証書・等)




◎請求期限は
離婚分割の請求は、原則として離婚した日から2年をまでです。
事実婚の場合は、事実婚が解消していると認められてから2年以内です。




◎事実婚の注意点
事実婚の厚生年金分割請求は、第3号被保険者期間が終了していることと、事実婚が解消していることが必要です。
入籍している期間と事実婚期間が重複しているときは、事実婚の第3号被保険者期間が優先されます。


分割の対象になる期間ですが、同じ当事者間で事実婚が継続している場合で、間隔をおいた第3号被保険者期間が複数ある場合、一体として分割の対象になります。
また、事実婚から入籍した場合は、これを一体として対象期間にします。
逆に入籍から事実婚の場合は、別個の対象期間です。




●離婚分割の流れ
 
離婚を決意する
情報提供の請求
 ↓
情報の提供
 ↓
当時者で話し合いを行う
 ↓  ↓
 合意したとき  合意しないとき
 ↓  ↓
 公正証書の作成  家庭裁判所への申立
↓ 
 年金分割の請求
 ↓
 保険料納付記録の改定(標準報酬)
 ↓
 年金受給開始年齢に達したら当事者で協議した
分割割合に応じて年金がもらえることになる。



問い合わせ
社会保険庁:相談窓口一覧
全国社会保険労務士会連合会
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します