厚生年金 離婚 分割

離婚 年金 手続き

、離婚 年金分割 割合、離婚 年金分割 手続き。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP離婚時の年金分割制度>事前に情報提供を請求するには?

女性の場合、離婚しようと考えていても、将来のことを考えると二の足を踏まなければならないこともあると思います。
そこで、社会保険庁では事前に分割の按分割合を決めるための必要な情報を提供するというサービスを行っているのです。
これは、当事者双方でもできますし、どちらか片方でもできます。






事前に情報提供を請求するには?


離婚を考えているようなとき、その選択が老後の生活にどう影響するか不安に思う人も多いと思います。
そのようなとき、あらかじめ分割の按分割合が分かるととても便利です。
社会保険庁では、離婚分割による按分割合を決めるために必要な情報を提供しています。


情報提供を請求するには、「年金分割のための情報提供請求書」に必要事項を記入して、請求者が国民年金手帳か市町村の証明書、戸籍謄本や抄本が必要です。
事実婚の場合は、世帯全員の住民票の写しや事実婚を証明する書類が必要です。


そして、この情報は当事者双方か、又はどちらか一方から請求することができます。
これは、離婚前の場合は請求者に通知されますが、離婚しているどちらか一方から請求する場合は、もう1人の当事者にも同じ情報が通知されます。


離婚前の場合は請求者のみに通知されます。
つまり、離婚後妻が情報提供を請求した場合、別れた夫にも情報が通知されますが、離婚を考えている妻が情報を入手するときは、妻だけに知らせてくれるということになります。




◎提供される情報の内容は
情報提供を請求するには、「年金分割のための情報提供請求書」に必要事項を記入し、請求者自身の国民年金手帳や基礎年金番号通知書、婚姻期間などを明きらかにすることができる市町村長の証明書、戸籍謄本または抄本が必要です。


事実婚の場合は、世帯全員の住民票の写しや事実婚関係を明らかにする書類が必要になります。これら必要書類についての詳細はなどは、最寄の社会保険事務所で確認してください。


・情報の内容は以下のようになります。
分割の対象になる期間。
分割の対象となる期間にかかわる離婚当事者それぞれの保険料納付記録。
按分割合の範囲。


・年金見込み額
社会保険庁では50歳以上の人または障害年金の受給権者が情報提供を請求する際、分割後の年金見込み額を知らせてくれる。
内容は按分割合により分割した場合の3パターンの年金見込み客。
按分割合の上限(50%)
●按分割合の下限(分割を行わない場合)
●本人の希望による按分割合


問い合わせ
社会保険庁:相談窓口一覧
全国社会保険労務士会連合会
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します