按分割合

遺族年金 離婚

、離婚分割の按分割合(あんぶんわりあい)とは?。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP離婚時の年金分割制度>按分割合(あんぶんわりあい)とは?

離婚を決意するとなかなか損得は考えられないのだと思います。
しかし、離婚による年金分割でもらえる金額と、もし夫が亡くなったときにもらえる遺族厚生年金を比べると圧倒的に後者のほうが多くなります。
だからといって、離婚を取りやめるべきとは思いませんが、離婚という選択肢以外にも他に選択肢がないかは考えるべきではないかとおもいます。






按分割合(あんぶんわりあい)とは?


◎按分割合の決め方は
按分割合は当事者双方の対象期間の標準報酬額の合計額に対して、分割後に分割を受ける側の持ち分を表したものです。
基本的には、分割を受ける側の、本来の持ち分を減らさないようにして、分割する側の対象期間標準報酬総額が分割を受ける側の総額を下回らないようにします。


双方の合意で当事者間の按分割合を決めるときは、その旨を「公正証書」「認証を受けた私署証書」で明らかにしなければなりません。
当事者で話がまとまらないときは、一方が家庭裁判所に申し立てを行い、裁判により按分割合を決めることになります。


●対象期間標準報酬総額が少ない方=分割を受ける側の、もともとの持分を減らさないようにする。
●分割をする側の対象期間標準報酬総額が分割を受ける側の総額を下回らないようにする。




◎離婚時の厚生年金と遺族厚生年金はどちらが得?
専業主婦であった期間が長い妻が離婚した場合、夫からもらえる老齢基礎年金の額は、婚姻期間の夫の厚生年金保険料納付記録の最高5割りになります。


そのようなときでも、夫からもらえる老齢厚生年金は、月額では5万前後で、65歳からの老齢基礎年金と合わせてもおそらく10万前後です。


これに対して、夫が亡くなったことで受給できる「遺族厚生年金」と妻の「老齢基礎年金」を合わせた場合、月に10〜15万位になる可能性があります。


要するに、離婚したほうが得になるという事ではなく、場合によっては離婚以外の選択肢もあるということです。


  離婚時の厚生年金分割の場合 遺族厚生年金の場合
 対象期間 婚姻期間 夫の厚生年金被保険者期間 
 年金額 夫婦の婚姻期間中の厚生年金保険料納付記録の最高2分の1  夫の老齢厚生年金の4分の3 
 一例 婚姻期間30年の専業主婦が按分割合5割で離婚したとき、分割される老齢厚生年金は、年額でみると約45万円になる。 厚生年金被保険者期間40年の夫が亡くなったときの遺族厚生年金は、年額で約90万円になる。 


問い合わせ・参照先
離婚時の厚生年金の分割制度について
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割


■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します