退社 年金

入社 年金 、同じ月に会社を入退社した場合の年金について解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP特別なケースの解決方法>同じ月に会社を入退社した場合

せっかく入った会社であっても、事情によってはすぐに辞めてしまうこともあります。
特に、思ったより大変な仕事だったときや、上司や先輩たちと合わない、等のときに辞める人が多いようです。
ただ、一度会社に入ると厚生年金に加入しますので、それなりの手続をしなければなりません。






同じ月に会社を入退社した場合


会社に入り厚生年金に加入しますが、中には何らかの理由ですぐに退社せざるをえない事もあるかと思います。


このようなときの保険料ですが、年金の保険料には日割り計算はありませんので、月単位で計算して納付することになります。


原則として、被保険者資格取得日のある月から、退職日の翌月の資格喪失日の前日までに保険料を納めなければなりません。


ただし、退社してすぐに国民年金に加入してたようなときは、保険料を払う必要はありません。
また、同じ月に別の会社に入った場合も年金保険料がかかりますが、このようなときは社会保険事務所に申し出て重複してる分を返してもらいましょう。




◎月末の1日前に退社した場合
もし、7月30日が資格喪失日だったようなとき、8月1日から新たな会社に所属したら保険料はどうなるのでしょう?


資格喪失日の前月までは前の会社から保険料が天引きされ、新たな会社では厚生年金に加入するのでこちらも給料から天引きされます。


要するに、7月の31日だけが厚生年金の空白になっていますので、国民年金の第1号被保険者になり、この月は国民年金保険料を納付する必要があります。

 


●入退社したときの年金保険料の一例


4月1日に入社し厚生年金に加入、4月7日に退社してしまった場合 
↓ 
次の就職先が決まるまで国民年金の第1号被保険者となり5月分から保険料を納付する。 すぐに再就職した場合、新しい会社で厚生年金に加入4月分を返してもらう。
 
 新しい会社に就職したら厚生年金に加入する  

・参考記事
 国民年金の被保険者の種類




参照先
被保険者(被保険者の資格/任意継続被保険者
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します