未支給年金

未支給年金請求 、年金受給者が死亡した場合の手続き、必要書類、遺族の種類について解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP特別なケースの解決方法>年金受給者が死亡した場合

年金をもらっている人が突然亡くなったようなときは、遺族が必要な手続きをしなければなりません。
死亡した人に支払われるはずの年金がまだ残っているときは、残された遺族がもらうことにあんります。
ただ、もらえる遺族には条件がありますし、その遺族にももらえる順位があります。




年金受給者が死亡した場合


年金を受けている人が死んだときは、遺族が社会保険事務所や年金相談センターなどに、「年金受給権者死亡届」を提出します。


遺族基礎年金か障害基礎年金のみを受けていた人が死亡したときは、市町村役場の年金窓口でも提出することが可能です。
死亡届には「年金証書」と、死亡が確認できる戸籍抄本や死亡診断書などを添えて提出します。
老齢年金は死亡した月まで支払われ、それよりも死亡届が遅れると、後で返金することになりますので注意が必要です。




◎未支給年金
未支給年金とは死亡した人に支払われるはずだった年金です。
これが残った場合は、遺族に支払われます。


未支給年金を受け取ることができる遺族は、年金を受けていた人が死亡当時、その人と生計をともにしていた配偶者、子供、父母、孫、祖父母、兄弟で、受けられる順序もこの順になります。


未支給年金の請求は「未支給年金・保険給付請求書」に戸籍謄本、年金を受けていた人と請求者が生計をともにしていたことが証明できる書類を添えて、社会保険事務所や年金相談センターに提出します。


夫の遺族年金を受けていた妻が亡くなったときは、支給停止になっていた時給権のある子が妻に代わり年金を受けられます。
仔の場合は、「支給停止事由消滅届」を社会保険事務所に出します。


●受給権者が死亡したとき必要な書類とその手続き
年金受給権者死亡届け  ・遺族が社会保険事務所や年金相談センターなどに「年金受給権者死亡届」を提出
・遺族基礎年金または障害基礎年金のみを受けていた人は市区町村役場の年金窓口に提出
・必要書類・・・死亡届には「年金証書」のほか、死亡の事実を明らかにできる戸籍抄本や死亡診断書などの書類を添えて提出
未支給年金・保険給付請求書 「未支給年金・保険給付請求書」に戸籍謄本、年金を受けていた人と請求者が生計を同じくしてたことがわかる書類を添えて、社会保険事務所や年金相談センターに提出
支給停止事由消滅届 夫が遺族年金を受けていた妻が亡くなったとき、受給権のある子が代わって遺族年金を受けられるようにするため「支給停止事由消滅届」を社会保険事務所に提出


参照先
社会保険庁:相談窓口一覧
社会保険庁:社会保険業務センター・年金相談センター
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します