年金 繰上げ受給

繰り下げ受給の減額率 、手続き、問合せ先、などについて解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP特別なケースの解決方法>繰り上げ受給か繰り下げ受給をしたいとき!!

年金は原則として65歳からもらえます。
しかし、いつまで生きるかわからないから早くもらいたいとか生活面の都合で早くもらいたいなど、できるだけ早くもらいたいと思う人もいるかと思います。
結論からいうと、本人が希望すれば65歳まで待たなくても60歳から年金はもらうことができるのです。
ただし、いくらかは減額されますので検討してからももらうようにしましょう。
その逆に繰り下げ受給をしたい人もいるかと思います。
この場合は受給率は高くなります。




繰り上げ受給したいときはどうする?


本人が希望した場合、老齢基礎年金は60歳からでも受け取ることが可能です。
ただし、65歳から受給するときにくらべると受給額が減額されてしまいます。
減額率は受給を請求した月から65歳になる月の前月までの月数に応じて1ヶ月減るごとに0,5%ずつ低くなります。


これは、昭和16年4月2日以降に生まれた人に該当し、4月1日以前に生まれた人は年単位で計算されますので支給率が違ってきます。
この減額は一生続きますから、65歳になっても年金額を引き上げることはできませんので良く考えてもらうようにしなければなりません。


◎繰り上げ受給のデメリットは
人により事情はありますから、中には早くもらいたいと思う人もいると思います。
しかし、繰上受給が得か損かは、結局のところ何歳まで生きられられるかによると思います。


デメリットとして考えられるのは以下です。
一生減額されたままで本来の額より少ない。
請求書の取消ができない。
障害基礎年金や寡婦年金が受給できない。
国民年金に任意加入できない。


●老齢基礎年金の繰上げ受給
減額率=0,5×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数


繰上げ受給率
支給開始年齢   昭和16年4月2日以降に生まれた人  昭和16年4月1日以前に生まれた人 
 60歳  70%  58%
 61歳  76%  65%
 62歳  82%  72%
 63歳  88%  80%
 64歳  94%  89%
 65歳  100%  100%
※手続は、市町村役場の国民年金窓口
 (第3号被保険者期間がある場合は社会保険事務所、社会保険事務局の事務所または年金相  談センター)




繰り下げ受給したいときはどうする?


老齢基礎年金の受給開始を66歳から70歳までの希望する年齢に遅らせて、その分を増額したい人は「繰り下げ受給」の請求を行うことができます。
増額率は65歳になった月から繰下げの申し出をした月の前月までの月数に応じて、1ヶ月増すごとに0.7%ずつ高くなります。


繰り上げ受給と同様に、昭和16年4月1日以前に生まれた人と4月2日以降に生まれた人とでは増額率が違ってきます。
また、遺族年金や障害年金をもらっている人は繰下げ受給はできません。


◎老齢厚生年金の繰下げ受給について
下記の条件を満たしている人は、老齢厚生年金の繰下げ受給の申し出を行うことができます。
平成19年4月1日以降に、「65歳以降の老齢基礎年金」の受給権を取得している。
老齢厚生年金の受給権を取得した日から起算して1年を経過した日前に老齢厚生年金の請求をしていない。
老齢厚生年金の受給権を取得したとき、あるいはその日から1年を経過した日までの間に、他の年金の受給権者になっていない。


老齢厚生年金の繰下げ受給は、60歳以降も在職していても適用されます。
そして、老齢基礎年金の繰下げ受給と老齢厚生年金の繰下げ受給は、同時でも個別でも行えます。


●老齢基礎年金の繰り下げ受給
支給率=0,7%×65歳になった月から繰り下げ申出月の前月までの月数。



繰下げ受給率
●昭和16年4月2日以降に生まれた人
受給の繰り下げを申し出た日の年齢 受取率
 65歳  100%
 66歳0ヶ月〜66歳11ヶ月  108%〜116,1%
 67歳0ヶ月〜67歳11ヶ月  116,8%〜124,5%
 68歳0ヶ月〜68歳11ヶ月  125,2%〜132,9%
 69歳0ヶ月〜69歳11ヶ月  133,6%〜141,3%
 70歳0ヶ月〜  142%


●昭和16年4月1日以前に生まれた人
受給の繰り下げを申し出た日の年齢 受取率
 65歳  100%
 66歳  112%
 67歳  126%
 68歳  143%
 69歳  164%
 70歳〜  188%


※手続は、希望するときに、市区町村役場の国民年金の窓口(第3号被保険者期間がある場合は社会保険事務所、社会保険事務局の事務所または年金相談センター)で裁定請求と同時に行う。


参照先
国民年金の給付
年金の繰り下げ支給
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク




Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します