厚生年金 受給

厚生年金 額

、支給額、厚生老齢年金・給付・被保険者、受給要件、など様々なケースでの厚生年金情報!!

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


厚生年金は、会社等の法人に勤務しているOLやサラリーマンなどの会社員を被保険者として保険料を徴収し、被保険者の老齢、障害および死亡について厚生年金保険から給付を行います。
被保険者本人や家族の生活安定と福士の向上を目的とする社会保険制度です。
常時5人以上の従業員が働いている個人事業所、およびすべての法人会社は必ず厚生年金に加入しなければなりません。
保険料は月給(標準報酬月額)、賞与(標準賞与額)に1000分の157,04を乗じて、会社と従業員側で折半して負担します。これは、平成29年まで毎年、1000分の3,54が値上げされていきます。厚生年金の目的は、被保険者の老後、障害、死亡について給付を行うもので、老後の生活費の基礎になるのが老齢給付です。


◇厚生年金
●さまざまなケースでの厚生年金 手続き・ 申請・支給額・受給資格・等についてQ&Aで 解説しています!!






厚生年金

厚生年金の被保険者になるには?
老齢厚生年金のしくみとは?
特別支給の老齢厚生年金を受けたいときは?
厚生年金だけで受給資格期間を満たす要件は?
厚生年金加入期間が20年未満でも受給資格期間を満たせるのか?
厚生年金加入期間だけでは受給資格期間を満たすことができないときは?
特別支給の老齢厚生年金を請求するには?
特別支給の老齢厚生年金の決定と受け取りまで!
特別支給の老齢厚生年金を受給しているときの手続きは?
厚生年金基金の受給要件とは?
厚生年金基金に加入したことがある場合の請求手続きは?
特別支給の老齢厚生年金の受給権と手続きは?
特別支給の老齢厚生年金の計算方法は?
特別支給の老齢厚生年金の年金額の目安額は?
賞与からも厚生年金保険料が引かれているが年金に上積みされるのか?
60歳以上になっても厚生年金に加入しているときの年金は?
60歳以降も会社に勤めたとき、年金を全額もらうには?
特別支給の老齢厚生年金をもらうときの有利な方法とは?
「累積年金見込額」の見方は?
特別支給の老齢厚生年金をもらっている人が65歳になったときの手続きは?
60歳以降も厚生年金に加入していた人が65歳になったときは?
65歳からの老齢厚生年と老齢基礎年金が受給できるが年金額は増えるか?
65歳からの在職老齢年金の年金額はどのくらい?
70歳以降も適用される在職老齢年金とは?
老齢厚生年金の繰下制度とは?
加給年金を受給するには?
全額受給前に婚姻届を出した場合、加給年金は受給できるのか?
夫婦ともに加給年金の受給要件を満たしているときは?
厚生年金の加入期間が44年以上あるときの有利な受給方法は?
障害厚生年金をもらっている人の老齢厚生年金は?
年金受給に有利な定年後の就職先は?
夫婦で会社役員になっているときの年金受給の方法は?
高年齢雇用継続給付金と在職老齢年金の調整は?
在職老齢年金の適用により、特別支給の老齢厚生年金が停止されてるときの手続きは?
老齢基礎年金の受給資格があり、厚生年金加入期間も1年以上あるようなときは?
失業給付を受けると老齢厚生年金が支給停止になるようなときは?
年金受給資格があっても年金請求書が届かないときの対処と、年金請求書の書き方は?
年金の請求書に必要な添付書類は?
特別支給の老齢厚生年金と国民年金の老齢基礎年金の請求手続き先は?


スポンサードリンク

TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します