年金 特例

年金 率

などはさまざまなケースで調べる必要があります。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


人の人生は様々です。
年金をかけるにしてももらうにしても、置かれた状況で適切な判断と必要な手続きをしなければなりません。
一般的に、多くの人が悩むのは、年金を早くもらうか、それとも遅くもらうかということではないでしょうか?!
早くもらうと少ない額でその後の人生を過ごさなければなりません。しかし、遅くもらうと寿命がありますからもらう期間が短くなります。どの方法がいいとは一概にいえませんから、自分にあった決断をしていくことが大切です。







特別なケースの解決方法

結婚や退職で配偶者の扶養になった場合
国民年金加入の届出書が送られてきた場合
同じ月に会社を入退社した場合
引越し・海外から転入出したときの手続きは?
加入期間が25年に満たないとき
繰り上げ受給か繰り上げ受給をしたいとき!
海外でかけたの年金を受け取るには
年金受給者が死亡した場合

知って得する快適年金生活の豆知識・VOL9
年金の繰上げ受給と繰り下げ受給は、60歳から70歳までの期間から自分で決められます。
どちらが得かといえば、仮に60歳から繰り上げ受給すると、77歳以上長生きした場合、累計受給額では繰上げ受給しないときと比較すると低くなってしまうので損をすることになります。     
要するに、長生きできる人は繰り上げ受給しないほうが有利になるということです。


一方繰り下げで受給するメリットとしては、70歳近くまでサラリーマンし収入がある人や、長生きできる人です。
仮に70歳から受給するとして81歳まで生きることができれば、繰り下げ受給しない場合より、累計受給額は多くなります。


結局のところ長生きすることが一番ですが、はやくもらうかどうかで悩むようなときは社会保険事務所の年金窓口で、両方のケースで試算してもらうと良いでしょう。
スポンサードリンク

TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します