障害年金 受給

厚生年金 障害

などの支給額、受給資格、又は、各種年金の仕組みや手続きを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


障害年金とは、各種公的年金に加入している人が、何らかの事故や病気をした後、何らかの障害が残り日々の生活や仕事に著しい支障がでたようなときに支給される年金制度です。
障害はどんなものでは良いわけではなく、その等級ににより受給できる年金も変わってきます。
又、受給要件を満たすことも必要になります。







障害年金の仕組み

障害年金の基礎知識
障害年金をもらうための条件は?
障害厚生年金・障害共済年金の受給要件
障害基礎年金の受給額について
障害厚生年金・障害共済年金の受給額
同時に労災の障害年金をもらった場合について
障害年金の手続きについて

知って得する快適年金生活の豆知識・VOL5
障害年金は支給停止になることがあります。
例えば、受給者が死亡したとき、又、障害基礎年金の1・2級を受給していた人が、症状が軽くなった場合です。
しかし、2級に該当しなくなっても障害年金を受ける権利がなくなるいうわけではないのです。
再び症状が悪化したようなときは、支給停止は解除され再び支給が開始されます。


ただし、障害基礎年金を受ける権利は、症状が軽快し、厚生年金保険の3級の障害の状態にも該当しなくなって3年を経過したときに、65歳以上である人は障害基礎年金を受ける権利は原則として消滅します。
障害厚生年金、障害共済年金では3級の受給権者の症状が軽快し、3級の障害の状態に該当しなくなったら年金は支給停止されます。このときも症状が悪化したり新たに疾病が発生したら、支給停止が解除されることになります。


スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します