年金 手続き

国民年金 手続き

厚生年金・共済年金の受給手続き、仕組みなど!!

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


年金は自動的に給料から差し引かれますが、年金受給資格ができたとしても、もらうときは自動的にというわけにはいきません。
年金をもらうためには、必要な手続をしなければならないのです。
しかも、受け取る年金によって手続が違ってきますので、そのつど調べなければなりません。
ここでは、老齢年金の受給について解説していますのでご覧下さい。







老齢年金の手続き

老齢年金をもらうときの手続きと必要書類の注意点
裁定請求書を記入するときの注意点と裁定されたとき


知って得する快適年金生活の豆知識・VOL7
年金の給付は、物価が上がるのに合わせて年金額も上がるという「完全物価スライド制」をとってきました。


しかし、ご存知のように少子高齢化により年金を支える世代が少なくなっているため、「マクロ経済スライド制」を導入することになったようです。
この制度は、社会全体の保険料負担能力の伸びを年金改定率に反映させ、給付水準を調整するというものです。


簡単に言えば、掛ける人が少ないため、それに合わせて受け取る年金額を目減りさせるということなのでしよう。
これは、年金がもらえなくなる、とか大幅に目減りするというわけではないようですから、今のところは安心しても良いかと思います。


スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します