厚生年金料

共済年金制度

などの支給額、受給資格、又は、各種年金の仕組みや手続きを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


厚生年金とは、簡単にいうとサラリーマンが加入している年金制度です。
一方共済年金は、公務員や私立学校などの教職員が加入する年金制度です。
それぞれに関連する法律があり規約が定められています。
しかし、大まかなところでみると、受給資格要件は国民年金の老齢基礎年金の時給資格があること、65歳以上であることが必要です。
・関連記事
年金に関する法律
公的年金の給付の種類は?
公的年金の種類について





厚生年金・共済年金の仕組

厚生年金の仕組みについて
共済年金の仕組みについて
何年加入すればもらえるのか?
特別支給の老齢厚生年金
65歳からの厚生年金
特別支給の退職共済年金と・65歳からの退職共済年金のしくみ
厚生年金・共済年金の保険料が決まるしくみ
在職老齢年金のしくみについて
雇用保険をもらったときの年金について
長期加入者特例と障害者特例について
厚生年金に加入しなくても良い場合


知って得する快適年金生活の豆知識・VOL3
他のページでも多少触れましたが、定年退職後はたして年金だけで暮らしていけるのでしょうか?
何年生きられるか、又夫婦で暮らすのと一人で暮らす等、様々なケースで違いがでるでしょうから、一概には言えませんが、中には億近い老後資金が必要という人もいるようです。
貯金がたくさんある人はともかく、老後資金としてたよりになるのはやはり公的年金でしょう。


一例として、もし夫が会社員で妻が専業主婦の場合、65歳から受け取る老齢年金が月額66,000円×2人分で13万2,000円、厚生年金の月額が約101,000円で、合わせると233,000円とし、これを25年もらうとすると約6,000万円になります。
これに退職金が含まれたとすると、貯蓄はどの程度必要かがある程度判断できると思います。


スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します