国民年金制度

国民年金 問題

厚生年金などの支給額受給資格、又は、各種年金の仕組みや手続きを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


国民年金は、農業従事者や漁業、商工業などの自営業者等を対象にした年金制度です。
ただし、厚生年金や共済年金に加入している人は、基礎年金といわれる部分がこの国民年金にあたります。
要するに、日本に住所がある20歳から60歳未満の人全てが加入するのが義務付けられているのです。
要するに、年金だけを考えてみると、厚生年金や共済年金に加入している人たちは、保険料は労使折半ですから、国民年金だけ掛けている人に比べお得とも受け取れます。
これは、実際もらえる時期になると結構大きな金額の差になってしまいます。
言い方は悪いですが、年をとったとき年金だけである程度暮らせるのは、サラリーマンや公務員等、といっても過言ではないでしょう。







国民年金の仕組み

老齢基礎年金の受給資格は?
国民年金保険料の仕組み
保険料免除制度とは?
合算対象期間(カラ期間)とは?
老齢基礎年金の計算方法とは?
老齢基礎年金がもらえる年齢は?
60歳を過ぎても加入できるケースは?
年金額を増やすには?(付加年金)


知って得する快適年金生活の豆知識・VOL2
月に支払う保険料を、夫婦で加入しているとなると、結構な金額になります。
これを少しでも安くする方法があります。
たいした金額ではありまえんが、毎月の保険料を口座振替にすることです。
こうすることにより、毎月50円の割引になりチリも積もれば山となります。
もし、資金に余裕があれば、現金で1年分前納すると、4月上旬送付される納付書で4月30日までに納付すると「3000円」割引されます。
又、1年分を口座振替前納すると「3500円」割引されます。
これは「早割り」といい、口座振替の申し込みは金融機関や社会保険事務所で手続できます。


■参照
国民年金前納割引制度

スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します