年金 支給

年金 受給資格

厚生年金・国民年金などの支給額受給資格、又は、各種年金の仕組みや手続きを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


現代社会は、少子化、高齢化社会が進むことにより、、年金保険料を払う世代が減り、年金をもらう高齢者が増加していることで、年金財政は厳しくなっています。
さらに、追い討ちをかけるように、年金の加入もれや年金保険の横領問題なども重なり、若い世代の中には、年金を払っても将来もらえないだろうと、不信感を持っている人も多いようです。
年金制度は複雑ですから、知ろうと思っても難しくてなかなか奥底までたどり着くことはできません。しかし、知らないでいると、損をすることもあるのです。
現実問題として、いつかは年金にたよらなくては暮らすことができない年齢に多くの人がなってしまいます。
その時になってから年金に関心を持っても、時既に遅し、ということもあるかもしれません。
人生設計は死ぬまで続きます。お金の問題は死んでからも続きます。
今のうちに年金制度に関心を持ち、ある程度の基礎知識は身につけていくようにしましょう。


年金の基礎知識・メニュー

公的年金と私的年金について
国民年金の被保険者の種類は?
公的年金の給付の種類は?
年金を受給する権利について
年金に関する法律


知って得する快適年金生活の豆知識・VOL1
年金に不信感を抱き、年金保険料を払わない人が増えてます。あるいは、払いたくても払えないという人も増えているようです。しかし、公的年金に様々なメリットがあるのです。
第一に、老後の生活保障として年金を一生涯受け取れるという点です。
誰であっても、生涯働き続けることは難しいと思います。・・・というか、まず無理でしょう。
働けなくなり、収入が途絶えたとしても現役時代に保険料を支払っていれば、終身年金を受け続けることができます。


年金の支給は物価スライド制ですから、将来物価は上昇したとしても年金の実質的価値は下がりません。・・・原則として!!
ただし、少子高齢化にともない、年金給付水準を引き下げることは決まっています。それでも、インフレが起きたとき、他の民間金融商品は大変なことになると思いますが、年金はある程度の水準が保証されていることに変わりはないのです。


■参照
物価スライドとは(Wikipedia)

スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します