年金 記入

年金の記録漏れ

は大きな問題でした。加入記録に不振な点があるときはもう一度チェックしてみましょう。!!

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


年金の加入もれは大きな波紋を呼びました。
まだ記憶に新しいことでしょう。
たぶんこのころからでしょう、年金制度事態に不信感を持ち、未払いが多くなったのも!?
既に一応の解決には至っているようですが、まだ不信の思う方は社会保険事務所のほうで年金記録を確認してみましょう。







年金加入もれの解決方法

基礎年金番号の確認と年金手帳のチェック方法
自分の職歴を正しく把握するには?(サラリーマンと女性・専業主婦の場合)
加入記録の取り寄せ方と確認方法・被保険者記録照会回答票の見方
58歳以上に送られる年金加入記録と加入記録に間違いがあった場合
第三者委員会による消えた年金の取り戻し方

知って得する快適年金生活の豆知識・VOL9
年金記録のチェックもそうですが、自分の年金についてもっと知りたいという人は、直接社会保険事務所に行き相談や確認をするのが一番です。
社会保険事務所では、「被保険者記録照会回答票」をもとに担当者が丁寧に質問に答えてくれます。又「年金相談センター」が全国の都市に置かれましたのでそちらでも対応してくれます。
相談に行くときには、年金手帳や各種年金関連の書類はもちろんのこと本人であることを確認できるものを持っていかなければなりません。
都合が悪く本人が行けないような時、家族が相談にいくのであれば本人からの委任状が必要となります。
詳しくは下記の問合せ先をご覧下さい。
全国の年金相談窓口が分かりますし、年金相談の「ねんきんダイヤル」もあります。

・問合せ先
日本年金機構・全国の相談・手続き窓口


スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します