遺族年金とは

遺族年金 資格

などの支給額、受給資格、又は、各種年金の仕組みや手続きを解説しています。

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識


遺族年金とは、各種年金の被保険者が死亡したときに支給される年金のことです。
例えば、厚生年金に加入していた主人が亡くなって奥さんがもらうとかです。
これは、残された遺族の生活保護を目的にしていますので、家族であればだれでももらえるというわけではありません。
ちなみに、国民年金からは遺族基礎年金が支給され、厚生年金や共済年金に加入していればプラスされて、それぞれの支給されます。





遺族年金の仕組み

遺族年金の基礎知識
遺族年金を受給するには?
遺族年金の受給額は?
寡婦(やもめ)年金について
労災保険の遺族給付について
遺族年金の手続きについて
遺族年金の失権と支給停止について

知って得する快適年金生活の豆知識・VOL4
もし大黒柱であるその家の主人が亡くなった場合、その後の生活に大きな影響を与えることになります。夫婦だけならまだしも、子供がいるようなときは深刻な問題です。
そのような場合を想定して、大概の人は生命保険に加入していると思いますが、そのときどの程度の保障があればいいのか考えたことはありますか!?


例えば、妻と子供一人を残してサラリーマンの夫が急死した場合をみてみましょう。
子供が18歳まで、遺族基礎年金が102万円、これに遺族厚生年金が約60万が加算されます。
これを、月額にすると13万円位になります。


子供が独立して妻が50歳だと仮定したとき、老後に必要な資金は生活費として月に約20万円、平均余命約37年とすると約9,000万円です。
遺族年金と自分の老後年金、夫の退職金、貯金などを合計すると8000万位になれば、生命保険の死亡保障は1,000万位あれば良いということになります。


スポンサードリンク




TOP


■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法

■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します