基礎年金番号の確認方法

年金手帳の調べ方 、年金手帳が複数あるときの対処方法など!

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP年金加入もれの解決方法>基礎年金番号の確認と年金手帳のチェック方法

老後のために長年まじめに掛けて来た年金が記録されてないことになると目あてられません。
老後の計画や、もしものときの備えとしてあてにしていた収入源がなくなるかもしれないわけですから事は申告です。
年金が正しく記録されているかを確認するには、まずは年金記録を調べなければなりません。
加入漏れの問題が解決したとしても、定年になる前に一度関係機関にて確認してみることをお勧めします。






基礎年金番号を確認する


まずは年金手帳ですが、手帳には表紙が青いものとオレンジ色のものがあります。
青の手帳は平成9年に発行された手帳ですが、この手帳は再発行した人や、発行後に生まれた人が持つ手帳です。


もし、再発行した人がいるならば、もう一度オレンジの年金手帳がないか捜して見たほうが良いでしょう。
そして、再発行した以前の年金記録がどのようになっているか、一度社会保険事務所で確認して見ることをおすすめします。


◎基礎年金番号を調べよう
基礎年金番号制度は平成9年に始まりました。
その際、「基礎年金番号通書」が送付され、そこに基礎年金番号が記載されていました。


昭和49年以前に厚生年金に加入していた人は、「厚生年金保険被保険者証」というものがあります。
オレンジ色の年金手帳が、もし有ったとしたら、被保険者証の年金番号が年金手帳に引き継がれているはずですから、年金手帳と被保険者証の年金番号が違う場合は、消えた年金が含まれている可能性がありますので調べて見る必要があります。
詳しくは下記をご覧下さい。




オレンジの年金手帳をチェックする時は?


オレンジ色の年金手帳の2ページ目を見ると、「厚生年金」と「国民年金」の欄に年金番号と初めて被保険者になった日が記載されているか確認しましょう。
これは、基礎年金番号が統合された際の不手際による加入もれがあるかどうかを見るためです。
厚生年金と国民年金の番号がもし違っていたら、社会保険事務所に相談する必要があります。


名前の欄も注意して確認しましょう。
これは、読み方を間違えてデータに入力されたりなど、誤りがあるかを見るためです。
また、結婚や離婚によって苗字が変わった場合、それが反映されずに別人として扱われることもあります。


まずは、自分の年金手帳や基礎年金番号通知書の名前が正しいかどうかを確認して、それから納付記録が記載されている「被保険者記録照会回答票」を取り寄せ、被保険者期間に誤りがないかを確認し、もし違っていたら手続きをする必要があります。
特に名前の読み方や漢字を間違えられやすいような人は注意しなければなりません。




年金手帳が複数あった場合について


複数の年金手帳がある人は、その中の青い年金手帳か基礎年金番号通知書に記載されている基礎年金番号と、他の手帳の番号が違うときは年金記録が分散して管理されていることが考えられますが、これは一本化する必要があります。


厚生年金に加入している人は事業主に、その他の場合は年金手帳を持って、社会保険事務所で手続きをしてもらう必要があります。
そして、オレンジ色の手帳だけがある場合、年金手帳の2ページめの「厚生年金」「国民年金」の番号が違っている場合は手続きをしなければなりません。


◎年金手帳、基礎年金通知書を紛失した場合
国民年金や、あるいは厚生年金に過去一度でも加入したことがある人は、管轄の社会保険事務所に問い合わせれば年金手帳の再発行ができます。
その際必要なものは、保険証やパスポート、運転免許証などの身分証明書です。


国民年金第1号被保険者は市町村役場の年金窓口でも受付ができます。
厚生年金に加入している人(第2号被保険者)とその人に扶養されている配偶者(第3号被保険者)は、勤務している事業所を通じて手続きすることになります。



参照先
基礎年金番号、年金手帳の記号番号など年金の番号について
健康保険・厚生年金保険適用関係届書・申請書一覧
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク

Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します