厚生年金加入記録

国民年金加入記録 、の取り寄せ方、確認方法、被保険者記録照会回答票の見方について!

     最低限知っておきたい 
     
年金支給額・受給資格がわかる年金の基礎知識




TOP年金加入もれの解決方法>加入記録の取り寄せ方と確認方法・被保険者記録照会回答票の見方

これからも年金記録にミスが出ないとは言いきれないでしょう。
社会保険事務所などに出向かなくても、自分で年金記録を取り寄せるという方法もあります。
記録を取り寄せるには幾つかの方法がありますので、興味がある人はご覧下さい。






加入記録の確認方法
年金記録に不安を感じた人は、実際に自分の年金記録を取り寄せて確認して見ることが大切です。消えた年金記録問題はけして他人事ではないのです。
何回も転職しているわけでもないし、大きな会社だから大丈夫、等と思っている人もいるかと思いますが、一度年金記録を取り寄せて実際に確認してみることをおすすめします。


年金記録を取り寄せるには幾つかの方法があります。
その方法を下記に書きましたのでご覧下さい。




◎年金記録を取り寄せる方法
●「ねんきんあんしんダイヤル0120-657830」(24時間土日も対応)か近くの社会保険事務所に連絡して「被保険者記録照会回答票」の郵送を依頼する。回投票についての質問や、一般の年金相談は0570-05-1165。
(基礎年金番号、氏名、生年月日、住所を告げ回投票の郵送を依頼する。加入歴、見込み額も以来できる)


●近隣の社会保険事務所に問い合わせしたい旨を封書に書いて郵送し、被保険者記録照会回答票の郵送の依頼をする。
(便箋などで自分の氏名、成年月日、住所、電話番号を記入する)


●インターネットでIDとパスワードを取得し、パソコンで年金記録を照会する。
・「年金個人情報提供サービス」を利用する方法。
  社会保険庁HP、「年金個人情報提供サービス」にアクセス
  基礎年金番号・氏名・生年月日・住所・パスワードを送信
  2週間くらいでIDとパスワード送られてくるので、ログインして記録を見る


●電子証明書を取得して、インターネットから電子申請する。
(個人で電子申請を利用するときは、厚生労働省電子申請・届出システムが相互に認証する、定められた以下の認証期間から電子証明書を取得します。
   公的個人認証サービス
   日本認証サービス株式会社
電子証明書の入手と設定方法の詳細は、厚生労働省の電子申請(申請・届出等の手続案内)を参照して下さい。


●近隣の社会保険事務所に行き、被保険者記録照会回答票をもとに説明を受ける。
(本人が行く場合は、年金手帳・被保険者証などと身分証明書、関係する通知などを持参、家族が代理で行く場合は、委任状、委任された人の身分証等を持参する)


被保険者記録照会回答票や年金記録を見方下記のようになります。




被保険者記録照会回答票の見方
被保険者記録照会回答票を入手したら、記載内容を確認するようにしましょう。
普通は見ることがありませんので、何かの暗号のようにみえてしまいます。
記載されている項目を、下記で簡単に解説しましたのご覧ください。


「氏名」「生年月日」「性別」
誤字や姓の間違いに注意する。
「社会保険事務所番号」と「個人番号」
4桁と6桁の合計。
「得喪日」
厚生年金(自営等の場合は国民年金)を取得した日から始まり、会社を辞めて厚生年金を脱退して資格を喪失した日が記載されてます。
資格喪失日は退職した日の次の日ですから、自分で作成した職歴表と、間違いがないか確かめる必要があります。
「種別」
これは被保険者の種別です。1であれば男、2ならば女、3は船員か坑内員、4は任意加入、5は男性の厚生年金基金加入、6は女性の厚生年金基金加入、となります。
「月・賞」
当時の標準報酬月額と賞与で、報酬額が高ければ厚生年金保険料の等級が上がり年金額が増えます。
「原因」
これは記録された理由のことで、1は厚生年金に始めて加入した日で、2は厚生年金に再加入した日、3は標準報酬の月額や換算率が変わった日、4は資格喪失日、5は死亡日です。
「月数」
同じ報酬で働いた月数を表しています。
「合計」
厚生年金に加入していた月数です。




年金加入記録の情報の見方とは?
◎インターネットで確認できる年金記録の情報
インターネットでIDとパスワードを取得すれば「年金個人情報提供サービス」から、自分の年金記録を確認することができます。


このサービスで閲覧できるサービスは、加入制度、事業所名称、資格取得、喪失年月日、加入月数、などのこれまでの公的年金制度の加入履歴と、国民年金保険料の納付状況、厚生年金の標準報酬月額と標準賞与額、船員保険の標準報酬月額と標準賞与額などです。


◎国民年金加入記録
国民年金加入記録には下記のような項目が記載されています。
「納付月数」
保険料を納めた月数。
「全額免除月数」
保険料を全額免除された月数。
「4分の3免除月数」
保険料を4分の3免除された月数。
「半額免除月数」
保険料を半額免除された月数。
「4分の1免除月数」
保険料を4分の1免除された月数。
「学生納付特例月数」
学生納付特例の申請が認められた月数と若年納付猶予の申請が認められた月数の合計。
他にも、納付月数の合計から学生納付特例月数を合計した納付月数合計・等、が記載されています。


◎厚生年金保険加入記録
厚生年金加入記録には、事業所名称、資格を取得した日や喪失した日が記入されている資格年月日、その原因、基金加入表示、標準報酬月額、標準賞与月額が、記載されています。


参照先
「ねんきん定期便」に関する手続き等について
年金加入記録照会票の書き方
被保険者記録照会回答票(資格画面)の見方
日本年金機構:年金個人情報提供サービス
社会保険庁:年金個人情報提供サービス
スポンサードリンク




■カテゴリー
●年金の基礎知識
●国民年金の仕組み
●厚生年金・共済年金の仕組
●遺族年金の仕組み
●障害年金の仕組み
●その他年金の仕組み
●老齢年金の手続き
●離婚時の年金分割制度
●特別なケースの解決方法
●年金加入もれの解決方法


■さまざまな年金問題!!
・・・こんなときどうする?
●国民年金
●厚生年金
●遺族年金
●障害年金
●離婚のときの年金分割

■年金用語集


スポンサードリンク




Copyright (C)「年金支給額・受給資格の基礎知識」 All Rights Reserved
当サイトの内容の無断転載を禁止します